• 中海より望む鳥取大学医学部と名峰「大山」

    中海より望む鳥取大学医学部と名峰「大山」

ごあいさつ

  • 第59回日本生化学会中国・四国支部例会

     

    日時: 2018年5月26日(土)〜27日(日) 

    会場: 米子市文化ホール 

     

    実行委員長 松浦 達也

    (鳥取大学医学部病態解析医学講座統合分子医化学分野教授)

     

    事務局 鳥取大学医学部統合分子医化学

    (TEL: 0859-38-6153,FAX: 0859-38-6150)

    e-mail: kazuhiro@med.tottori-u.ac.jp (事務局:中曽 一裕)

     

     

     〜ごあいさつ〜

    59回日本生化学会中国・四国支部例会

    実行委員長 松浦  達也(鳥取大学医学部教授)

     

     第59回日本生化学会中国・四国支部例会を平成30526日(土)〜27日(日)の2日間、米子市文化ホールで開催させていただくことになりました。日本生化学会大会が記念すべき第90回をむかえたところですが、中国・四国支部例会も次回は第60回をむかえる伝統のある会です。このような会の実行委員長を務めさせていただくことを大変光栄に思っております。

     今回は、過酸化脂質研究の世界的第一人者の東北大学宮澤陽夫教授に特別講演をお願い致しました。また、鳥取大学医学部の初沢清隆教授に「(仮題)外来異物に対する宿主応答の細胞生物学」というシンポジウムを企画していただきました。27日(日)の午後には「生化若手の会」も企画されています。懇親会では、山陰の海の幸や数多くの地酒を堪能していただけるように準備をしております。

     近隣には皆生温泉、国立公園大山、ゲゲゲの鬼太郎の妖怪ブロンズ像で有名な境港の水木しげるロードがございます。また、隣の島根県安来市には庭園がミシュラン・グリーンガイド三ツ星の足立美術館がございますので、山陰の自然や文化もご堪能いただければ幸いです。

     支部例会では日本生化学会大会と異なり、様々なジャンルの研究発表を同一会場で聴くことができます。多くの皆様(特に若手の研究者)にご参加いただき、会を盛り上げていただけることを心よりお願い申し上げます。